567388
こころや|つれづれ雑記‥ココログ2
[トップに戻る] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
文字色

女王様 投稿者:ココロヤカツノリ 投稿日:2005/11/19(Sat) 11:09 No.49  
いわゆる「ミスコン」。
全国の呉服業、川上から川下までが一丸となって行われる、「きものの女王コンテスト」の
「近畿大阪大会」、休みを返上で、お手伝い。
お迎えするほうも気合いを入れて、全員羽織袴。
若くて初々しい振袖姿の女性が百名余。於、「ワッハ上方」のホール。

なんてきらびやかなんでしょう。
振袖って、いってみれば袖が長いだけやのに、やっぱしゴージャス。

受付を担当したので、一人一人、勝手気ままに下馬評付け。
ただこのチェックが、必ずしも入選するとは限らないのが御愛嬌。
本番、舞台に上がられると、うんと映える方もいらっしゃるから不思議、
普段は地味顔の役者ハンでも、舞台に立つと見違えるのと同じやろか。
それに、審査員の方々がかなり御高齢なので、若い僕達が「綺麗やなぁ」とみんなで納得しても、
感覚が違うのか、いわゆる「今風」のべっぴんさんが入選するとは限らないんですね。

一日がかりで今年も三名「近畿大阪きものの女王」が無事選出されました。
女王さん、惜しくも入選されなかった皆さん、さぞお疲れでしょう。
結果は明日の、産經新聞朝刊に掲載されます。

三名の女王さんは、いざ「全国大会」へ!

女王さんは、結果的に、たとえ「全国女王」にならなくても、一年間忙しい日々が続きます。
メディアへの出演や、着物のイベントへの出席、各国高官の接待等、色々あるわけです。
些少ながら報酬もアリ。
ワレコソハ!と思われる方、年齢制限はございません。
いかがですか?

そぅそぅ、振袖は購入の必要はありません、
お母さんのモノや、貸衣裳をお召しのかたもかなりおられましたから、
ただし、袖の普通丈のものはあまりお勧めできません、
規定では何でもかまわない事になっていますし、実際数名おられました。
でもやはり振袖のボリューム感に飛ばされて、華やかさでは劣りがちです。
なので、審査時には少し不利かも知れません。

ご興味のある方、来年チャレンジ!詳細はココロヤカツノリまで。



無題 投稿者:ココロヤカツノリ 投稿日:2005/11/19(Sat) 11:07 No.48  
新聞の朝刊に、某大手呉服店が「判断能力のないお年寄りに販売した」と訴えられはった。
良い事も聞くけれど、強引な商法やとの噂も多いお店やからなぁ。。。
(あくまで噂ですけどね、実際に見たわけではありませんし。
 ただ、催事の時に手伝った事がある人に体験談を聞いて、へぇーと思った事はあります。)
もし有罪ならどうしょうもなく由々しき事やし、無罪なら可哀想。
それとも何か裏があるのかな。。。物事、何でも単純にはいかへんからなぁ。
裁判の行方を見守っていこう。
他人事ではないからなぁ。


えらい人 投稿者:ココロヤカツノリ 投稿日:2005/11/13(Sun) 13:46 No.46  
人人人。
住吉っさんに、差し入れを持って(ポワールのプチシュー50コ)行った。
七五三のリサーチも兼ねて。
麗らかな小春日和。
若いお父さんお母さん、嬉し過ぎて顔がとろけてるおじいちゃんおばあちゃん。

着物姿が本当に多い、有り難いなぁ。
女の子はお姫さま気分、男の子はお侍気分、
よそ行きの顔が微笑ましい。

ウチのお客さんもお詣りに行きはった。
お父さんは本塩沢の亀甲の袷に仙台平の縞袴、
お母さんは手描き友禅の訪問着、
お子さんはお父さんの上等の手描きの一つ身に羽二重の別染めの羽織に織袴。
着物姿が多くても、お父さんまで着物姿っていうのが中々おらはらへんから、
住吉っさんの、某神主っさんに「かくかくしかじかで、こんな方が詣られますさかい」と伝えておいた。
そしたら、手厚くお迎えしてくれはったそう、
そのお客さんえらい感激してくれはった、
住吉っさんも「珍しい、エエこっちゃ」云うて、何やらかんやらしてくれはったし、
ウチも鼻が高い。嬉しかった、感謝ですわ。
この、あきないやって良かったと、しみじみ幸せになります。

僕の子が出来たら、こんな着物着せてあんな格好させて、と、暫し空想の世界。
いつになるやら。
せやけど、さっきも書いた通り、たいていの、お詣りのお父さんお母さん僕より若い。
これには参った。


十二単衣 投稿者:ココロヤカツノリ 投稿日:2005/11/12(Sat) 20:20 No.45  
yahooを見ていると、十二単衣姿の写真。
何て優雅なんでしょう。
正確には唐衣裳(からぎぬも)と云います。
これが男性ならば束帯(そくたい)。
おおよそ千年前からほぼ変わらない姿は、江戸時代に生まれて、明治期に完成した今の着物とはまた違った風情の美しさがありますねぇ。
きっと一生着る事はないでしょうけれども、京都へ行けば、それを身に付けて撮影してくれるところがあり、流行ってるそう、気持ちはわかりますね。
何ともいい気分やろうなぁ。

今年の正月、仲のイイ、住吉っさんの神主っさんが、神事で風折鳥帽子に直垂(かざおれえぼしにひたたれ)姿だったのを(いわゆる、角力の行司さんの衣裳に、忠臣蔵の松の廊下のかぶりモノです)普段の姿と打って変わって、全く凛々しかったのに、驚きました。

実際、必要に迫られて着なければならないのは、御所さん方か、神主さんでしょうけれど、その衣裳に「萌え」の方々も結構おられるようで、ネットで検索すると、ズラーッと出てきます。
気持ちはわかる

民族衣裳って云うのは、長く培われて出来上がるだけに、本当に美しい。



お久しぶりです。 投稿者:kossy 投稿日:2005/11/11(Fri) 23:12 No.42  
ココロヤカツノリさん。
リニューアルいいかんじですね。どんどんいきましょー♪
で、ココロヤマユミさん。
石神井公園で巫女さんをしながらチーズケーキと葛藤したり大変ですね。
お兄ちゃんの足を引っ張らないように、
どんどんココロヤ.comを盛り上げていきましょーねー♪
また、大阪行ったら、寄せてもらいますわ。


Re: お久しぶりです。 ココロヤマユミ - 2005/11/12(Sat) 01:07 No.43  

おー、kossy!!!もう、kossyじゃなくて、アッシュの旦那って呼ばなきゃいけないのかと思ったよ。
ありがとー!!
忙しそうだね。ホームページ、ちょくちょく見てるよ!
(友だちのパソコンのお気に入りにも入れてきた!)
メルマガも楽しく読んでます。イサムノグチ展、行きたかった。
そしてビー部ゲイバー話、懐かしい!
そうそう、あなたは誰よりも美しかった!そして誰よりムサビっぽかった!
早く大阪出張おいでー。今度は台所の座椅子でなくて畳の上の布団で寝ていいよ。





Re: お久しぶりです。 ココロヤカツノリ - 2005/11/12(Sat) 10:45 No.44   HomePage

ごぶさたしとります。
妹がいつもお世話になっております。
アッシュのサイト、かなり参考にさせてもらいました。
ごちそうさまでした。

ちなみに皆さん、kossyさんは、金沢の隣町で「ヨーロッパのかわいいこども服と雑貨のお店 H(アッシュ)」という素敵なお店をやってはります。自ら欧州へ行き買い付けをし、自分でデザインをした、オリジナルブランドを立ち上げてはります。すごくパワフルな方&店です!

もちろん通販もありますよ、
一点一点ほんとに可愛い。
一度御覧になって下さいね!

http://ch-h.net/

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -