着物とてぬぐい・シルバージュエリーの こころや へようこそ
 
■ 浪花本染の日々

・浪花本染のはじまり
呉服屋で物作りは出来ないか、何かイイものないだろうかと思案の日々
たまたま趣味で集めていた江戸染の江戸てぬぐいが
実は大阪発祥の伝統技術で、大阪の注染工場でも染められている事を知ります
それなら大阪の技術で、大阪の人間が大阪柄の大阪てぬぐいを作ればエエんやと思いつきますが
実際の製作に踏み切るにはある出会いがポイントになるのです

・第一作スタート
2004年の10月のある日、友人の住吉大社の神職に「てぬぐい作ろうと思ってるねん」と話しました
そうしたら「神社の広間で11月に米朝一門会があるから、ためしに第一弾を作ってみたら」
と云う嬉しい提案、背中を押してくれました
早速デザインに取りかかり、染工場に発注することに

・第一作完成
ついに第一作が完成!デザイン画通りに納品されたてぬぐいを見て感無量でした
ありがたい事に、朝日新聞さんからの取材依頼が
そして「米朝一門会」の出演者である三林京子さん(桂すずめ)さんもこんなふうにご紹介下さいました

http://3bayashi.com/rakugo/sumiyoshi04/top.htm

朝日新聞の大阪版
にも大きく掲載されました



手に持っているのは、今は販売をしていない幻の第一作目です
この作品がベースになって、「上方落語協会」のご協力の下、現在の「上方落語紋尽くし」のてぬぐいや
噺家さんの別誂てぬぐい、「上方講談協会」の揃えゆかたへ繋がってゆきます


(1)
(2)
(3)
(4)
(5)(6)

■ 浪花本染とは 

江戸時代後期、大阪で河内の特産品「河内木綿」を使った
ゆかたや日用品の染色が盛んになりました
明治に入り「そそぎ染」が大阪ではじまり今に至ります
そそぎ染は中形(40×95cm)と呼ばれる形を使う型染の一種で
染料を注いで染めることから、「注染」などとも呼ばれています
繊細な図柄と鮮やかな発色、工程上生地に裏表がないことが特徴です
染めに手作りの良さあるので、プリントにはない風合いを楽しめます

大阪発祥の伝統ある技術に敬意を表し
「浪花本染こころや」ブランドとして立ち上げました
大阪の染めで、大阪の柄を、ベタベタの大阪人が作っています


■ 浪花本染ができるまで

(1)型置き「板場」
生地を糊付台の上に敷き、「伊勢型紙」を生地の上にのせて
上からヘラで防染糊をつけ、一型ごとに生地を折りたたんで
糊つけを行います
ここで生地を約1メートルごとに折りたたみます
それを3〜4反分つみ重ね糊付け台からおろします
生地の折り返しには相当の技術を要し
細かい柄ほど念入りに行わなければなりません

(2)そそぎ染「壷人」
板場で型置きされた生地を染め台の上に置き
生地の上から染料をたっぷり注ぎ込んで染め
さらに生地を反転させ同じ方法で再度染めます
このように表と裏から二度染色するのが「そそぎ染」最大の特長です
これは、長年にわたって培われてきた、職人達の優れた技術の結晶で
それにより他の染色方法では味わう事のできない独特の色あい
微妙なタッチや立体感が表現できます

(3)水洗い「浜」
染め終わりますと、型置きの時の糊と余分な染料を
充分に洗い落とします

(4)乾燥「立干し」
水洗いの終わった生地を、天日乾燥や室内の乾燥設備で立干しします

(5)仕上げ
巾出しを終えた生地を、浴衣ならば一反毎に切り離し芯に巻きます
てぬぐいならば、規定の寸法に裁断します

(6)検品・包装
出来上がった作品は一点一点検品し、しわの目立つものはアイロン掛けを
して折りたたみ、気持ちを込めて包装します


■ 浪花本染の商品のご紹介 

(1)初辰猫
こころやの地元粉浜のヒーローであり、大阪の一の宮、住吉大社
毎月はじめの辰の日には初辰まいりで大盛況
四年をかけて四十八回おまいりすれば、四十八辰で始終発達の満願成就
愛嬌のある『初辰猫』 はその時に授与される招き猫です
右手をあげれば商売繁盛、左手をあげれば家内安全
金運のつく黄金色で染めました
ますます縁起が良い事間違いなしのてぬぐいです

(2)コラボてぬぐい
大阪出身のデザイナーとのコラボシリーズの一作目です
京都芸大卒業後、渡仏
現在はイラストレーターとして活躍中の廣田純子さんとの共作です
http://www.hitane.com
ナチュラルな雰囲気を出すために素朴な風合いが特徴の
「文生地」を使いました

(3)桜の通り抜け
造幣局で行われる桜の通り抜け
122種367本が浪花の春に咲き誇り
華を愛でるたくさんの人で賑わいます
満開の桜に道を配して通り抜けのイメージを描いてみました


その他にも色々ございます!
どうぞこちらもご覧くださいませ

              

(1)初辰猫


(2)コラボてぬぐい

(3)桜の通り抜け





























■ 浪花本染の「オリジナル」別誂え商品のご紹介

:::浪花本染こころやの別誂えはデザインと染めが自慢です:::

別誂えの「てぬぐい」や「ゆかた」を製作致します

てぬぐいは、神社の祭礼用や、結婚式の引き出物、
バーのオープニングパーティーの粗品
バンドの公式グッズ、役者さんや、噺家さん舞踊家さんの粗品など
数多く手がけました
ゆかたでは、講談師さんの揃えゆかたをはじめ、芸能関係の方々の浴衣を
手がけさせて頂いております
もちろん、お客様がデザインなさった作品の製作をお受けする事も
数多くありますが
こころやではお好みのイメージを承った上でデザインを起こす事が
可能で、デザインの良さは,お蔭様で好評を得ております

てぬぐいやゆかたは作りたいけれど、
どんな柄にして良いのかわからない・・・・・
そういう時は是非お気軽にお問合せ下さいませ!


:::製作の流れと料金の目安:::

お打ち合わせ(イメージの聞き取りや、お持ち込み図案の確認)

お見積り

ご提案(イメージを元にデザインの提案、お持ち込み図案の修正)

最終打ち合わせ

製作開始(型紙彫りから染織、包装まで、製作期間は約一ヶ月です)

納品

★浴衣の場合ご注文は八反から、偶数単位
(四反でも承りますが割高です)
価格は白地に一色染めで6,000円(税込6,300-)くらいより
★手拭の場合ご注文は100枚から50枚単位
(50枚からでも承りますが割高です)
価格は白地に一色染のシンプルなもので350円(税込367-)くらいより

染める工場によっても違いますし、仕上がりも違います
詳しくはお問合せください

★価格はデザインにより異なります
御見積もりはどうぞお気軽に!
(ちなみにシンプルなもの大柄や地染などは、比較的安めです。複雑な
デザインで小柄や総柄などは高めになります。また複雑な柄の場合、熟練の職人が手掛けますので、同じ白地に一色染めでも価格が高くなりますのでご了承下さい)

★浴衣・手拭ともに別途、型紙代がかかります
柄による彫る際の手間で価格が変わります
15,750円(税込)〜31,500円(税込)程度が目安です
(型紙は一度作成されましたら4〜5年はご利用いただけますので、同じ意
匠の製品を続けてお作りすることができます)

★デザインをお受けした場合は別途デザイン料を頂戴致します
デザイン料の目安は10,000円(税込10,500-)より

★上記はあくまでも目安です
たくさんの量のご注文などの場合は
価格など出来るだけご希望に添えるように勉強させて頂いております

★納品について
お引き渡しの際には「そのままで」「袋につめて」「熨斗を掛けて」等
いずれかの状態でお渡しします、事前に形態をご注文下さい
「のし紙」は当店オリジナル「のし紙」がございます
お客様オリジナルの「のし紙」もお受け致しますので、ご相談下さい
可愛いですよ!

★お支払について
別誂え商品のため先払いでお支払い頂きます。
ただし何度かお取引させて頂いたお得意様はこの限りではありません
(カード決済、銀行振込み、郵便振替も承っております)

★キャンセルについて
最終打ち合わせまではキャンセルが可能です
製作発注後のキャンセルは出来ませんのでご了承下さい
またデザインをご注文の場合、デザイン画を上げた時点でデザイン料が
発生致しますので、ご注意下さいませ

★お問合せはお気軽にこちらからどうぞ
(c) Copyright 2003 Cocoroya Corporation. All rights reserved.